KACEとDesktop Authority: 使いやすく、包括的で購入しやすいシステム管理ソリューションです。
Dell KACEアプライアンスソリューションはおそらく、利用できる機能について、当社が今まで行った中でも最良の投資だと思います。このソリューションがなければ、今のように業務を遂行することはできないでしょう。
Nick Hidalgo氏、IT責任者
Redner's Markets Inc.
Dell KACE K3000モバイル管理アプライアンス
実績のあるシステム管理ソリューションをタブレット、iPad、スマートフォンにも活用

Dell KACE K3000モバイル管理アプライアンス(タブレット、iPad、スマートフォン用)

従業員の勤務パターンが変化するにつれて、PCやノートパソコンだけでなく、スマートフォン、タブレット、iPadなどが業務で使用されるようになり、企業では複数のデバイスをサポートする必要に迫られています。安全なアクセスを確立し、モバイルデバイスに格納されている企業のデータやアプリケーションを保護することは、IT部門にとって最も困難な課題の1つに挙げられます。「いつでも、どこでも、あらゆるデバイスで」ビジネスが行えるよう、IT部門では従業員の私物デバイス活用を推進しつつ、セキュリティコンプライアンスに準拠し、データロスを防ぐための対策を行わなければなりません。従業員の生産性向上にとって、これは必須と言えます。

Dell KACEアプライアンスは、モバイルデバイス(企業所有、個人所有の両方)のサポートとセキュリティ保護というIT部門の課題の解決を支援します。KACEソリューションが提供するモバイルデバイスの管理機能は、スタンドアロンのMDMソリューションとは異なり、包括的なシステム管理機能の拡張機能の1つとして提供されます。これにより、ノートパソコン、デスクトップ、サーバー、仮想マシン、タブレット、スマートフォンなどを、一貫した方法で柔軟に管理できます。さらに、ソリューションの導入、デバイスのプロビジョニング、セキュリティポリシーの強制などの複雑なプロセスが大幅に簡略化され、IT環境の運用を迅速に開始できます。K3000モバイル管理アプライアンスは、IT部門がMDMを迅速かつ効率的に導入するために役立つ、さまざまな機能を備えています。

  • 新規! 動的グループ化: K3000では、グループを簡単に作成できます。カスタマイズ可能な基準を複数作成し、それをベースに管理者が柔軟にグループ定義を行うことが可能です。これにより、モバイルデバイスのポリシー、プロファイル、およびアプリケーションの管理における複雑さを劇的に減らすことができます。
  • 新規! 設定、ポリシー、プロファイルの管理をシンプル化: K3000では、登録されたデバイスに企業のITポリシーを導入するための設定情報の適用および管理に加えて、管理対象のモバイルデバイスのセキュリティ用プロファイルと設定情報の作成および管理を行うことができます。K3000では、ポリシーの作成がさらに簡単に行えるようになりました。IT管理者が単一のポリシーを作成して、AndroidデバイスやiOSデバイスにプッシュ配信できます。プラットフォームごとにポリシーを作成する必要はありません。
  • モバイルデバイスのインベントリ管理および追跡: K3000が提供する、モバイルデバイスのインベントリおよび追跡の機能を使用すると、サーバーに登録されているスマートフォンやタブレットを検出して追跡したり、管理対象エージェントを介して、デバイス上のアプリケーションやプロファイルのインベントリを作成したりすることができます。
  • モバイルデバイスのプロビジョニングおよびセットアップ: K3000は、シングルステップ操作によるセキュアなセットアップ機能を搭載しています。デバイスにワイヤレスでエージェントを導入することにより、モバイルデバイスのプロビジョニングプロセスがシンプル化され、わずか数分でデバイスの使用を開始できます。
  • アプリケーションの導入および管理: K3000のアプリケーション管理機能を使用すると、各プラットフォームのアプリケーションストアから無料/有料のアプリケーションをデバイスにプッシュ配信できるほか、公開されたアプリケーションをデバイスに直接プッシュ配信することもできます。
  • モバイルデバイスおよびデータのセキュリティ: K3000のモバイルデバイスおよびデータのセキュリティ機能では、プロファイル管理、デバイスのロック/アンロック、企業データの遠隔消去、工場出荷状態への遠隔リセットなどの機能により、モバイルデバイスに保存されている企業のデータを保護します。
  • ユーザーポータル: K3000には、自分のインベントリの確認、承認済みソフトウェアのダウンロード、モバイルデバイスの設定の管理などに利用できるユーザーポータルが用意されており、ユーザーのセルフヘルプが可能です。
  • 通知、アラート、メッセージング、および統合アプリ起動: K3000のメッセージング機能を使うと、個々のモバイルデバイスやデバイスのグループに対して、アラートを送信することができます。統合アプリ起動の機能により、通知画面からアプリケーションを直接起動できるため、シームレスなユーザーエクスペリエンスが実現されます。
  • IT管理の自動化: K3000のすべての管理タスクは、使いやすく直感的なユーザーインターフェイスから実行できるため、管理者はさまざまなシステム管理タスクを迅速に実行できます。IT部門でさまざまなユーザーロールを定義することで、デバイスの監視と管理をより詳細に行うことが可能です。
  • ITレポートおよびダッシュボード: K3000にはレポートツールとデータのダウンロードツールが組み込まれていますので、K3000アプライアンスや手持ちのツールを使用して、定期レポートや臨時レポートを簡単に生成することができます。さらに、K1000との統合機能を使用すれば、K1000のレポート作成ツールを利用することも可能です。
  • K1000との統合: K3000は、さまざまな部分でK1000と統合することが可能です(K3000、K2000、K1000の各アプライアンス間での統合レポートの作成、サービスデスクの統合、シングルサインオン、迅速なUIの切り替えなど)。統合インベントリビューでは、PC、サーバー、モバイルデバイスをまとめて表示できます。